ムダ毛 焼く

ムダ毛を焼くときに注意したいこと!【江戸時代からあった!処理方】

ムダ毛 焼く

 

「ムダ毛 焼く」と検索してみると、どのサイトにも「この処理方法は江戸時代からあった」と書いてありました。

 

江戸時代などは、ライターやチャッカマンなどなかったので、どうしていたかというと、お線香の火でムダ毛を焼くという処理をしていたと、書いてありましたが、しかしこの方法をよく使っていたのは、遊郭の遊女さんたちが、主なようです。

 

遊女さんたちは、男性と交わることも多いので、アンダーヘア―などのムダ毛の処理を、お線香で焼くという処理をしていたようです。

 

しかし、このアンダーヘア―などのムダ毛をお線香で焼くという、処理方法は大丈夫なのでしょうか?

 

気になったので、少し調べてみたいと思います。

 

興味がある方に、見て頂けたら嬉しいです。

 

江戸時代のムダ毛を焼くという処理方法は、大丈夫なのでしょうか?

 

調べてみた結果、江戸時代のお線香でムダ毛を焼くという行為は、あまりいい行為とは言えないようです。

 

@アンダーヘア―の毛が、チリチリになってしまう!

お線香に火をつけたとき、火のついている先端部分は温度でいうと、約700〜800℃の温度があるようです。現代のライターの温度が、800〜1000℃と言われているので、お線香のほうがライターよりも少し温度は低いのですが、それでもライターでムダ毛を焼くと、毛はチリチリになってしまいますよね。それと同じことが、お線香でムダ毛を焼くという処理をした時に、起こるようです。

 

Aアンダーヘア―の毛を、焼いたときの臭いがキツイ!

体毛全般ライターなどで誤って焼いてしまった時に、焦げた刺激臭がすると思います。それは体毛にはタンパク質が含まれていますが、そのタンパク質の中に、硫黄を多く含んでいるようです。なので、髪の毛などをライターで燃やしてしまった時に、発生する刺激臭は、二酸化硫黄(亜硫酸ガス)が、発生するようです。ですので、体毛を焼いた後は、焼いた体毛にも、二酸化硫黄が付着するので、しばらく刺激臭をまとっていなければいけません。

 

Bアンダーヘア―を焼くと、かゆみが出てきてひどくなる!

アンダーヘア―などのムダ毛を、お線香で焼くて処理すると、かゆみが出てくるのは、肌が軽いやけどをしているからだそうです。かゆみが出てきたら、清潔に保ち、かゆみがある部位が感染症を起こさないように注意して方が良いようです。

 

というように、かなりリスクの高い処理方法だということが、わかりました。

 

ですが、中にはどうしてもムダ毛(腕、脇、陰部)を焼いて処理したいと思われる方もいると思います。

 

そんな方は、お線香ではなく、「ヒートカッター」を使ってみてください。

 

「ヒートカッター」は、ムダ毛を焼く(焼き切る)という事には、変わりないのですが、臭いが軽減されたり、アンダーヘア―を整えやすかったりという、利点も多いのです。あとやけどなどの、傷を負うことはないと思います。

 

江戸時代のムダ毛を焼くという処理方法は、大丈夫なのでしょうか?のまとめ

 

検索してみた結果、江戸時代から使われていた、アンダーヘア―などの体毛をお線香などで処理するという方法は、あまりお勧めできる方法ではないようです。

 

江戸時代は、その処理方法しかなかったので、仕方ないのですが、今は「ヒートカッター」というムダ毛を焼くことのできる道具があるので、安全ですので、こちらを使てみてください。

 

「ヒートカッター」は、家電量販店でも取り扱っているようなので、もし興味がある方は、一度家電量販店などで、みて見てくださいね。


ムダ毛処理でお悩みの方へ