ムダ毛 Oライン

Oラインの処理方法【みんな、ムダ毛はどう処理しているの?】

ムダ毛 Oライン

 

女性にとってムダ毛は永遠の悩み・・・でも処理しないわけにはいかないですよね。

 

ムダ毛の処理で最も難しいのは、背中やVIOライン。つまり、自分で見えない部分です。

 

特にOラインはお尻の丸みに沿っての処理が必要になるので、難しいんです!

 

Oラインのムダ毛処理に適した方法を、ご紹介していきます。

 

 

Oラインのムダ毛は処理が必要?最適な方法が知りたい!

 

Oラインなんて水着を着ても見えない部分だし、処理が必要なのか悩む・・・。

 

そんな女性も多いと思いますが、Oラインのムダ毛処理もすれば嬉しいメリットが沢山あります。

 

処理が必要な理由や、最適な方法をご紹介していきましょう。

 

 

Oラインのムダ毛処理は衛生面でオススメ!

 

VIOラインは常にショーツに包まれているので、女性の身体の中で最も通気性が悪い部分です。

 

すると、夏はもちろん秋や冬の涼しい時期でも、動き回る事でデリケートゾーンが汗をかいて蒸れてしまいます。

 

時々、お尻がムズムズして痒くなる事はありませんか?

 

原因は乾燥もありますが、デリケートゾーンの場合は蒸れで痒くなる事がほとんどなんです。

 

ムダ毛がなければ蒸れも軽減します。

 

更に、Oラインのムダ毛には生理の経血などもつきやすいので、処理してある方が衛生的にいいのでオススメです。

 

 

水着やショーツをキレイに履く事ができる!

 

女性にとって下着もお洒落なアイテムの1つ。カワイイ下着をつけている日は、テンションも上がりますよね。

 

しかし、せっかくの下着や水着もOラインのムダ毛によりバランスが悪くなってしまう場合があります。

 

VラインとIラインはしっかり処理されているのに、Oラインだけムダ毛処理されていないところを想像すると・・・ちょっと不自然ですよね。

 

また、Oラインのムダ毛までしっかり処理しておく事で、後ろ姿にも自信を持つ事ができると思いませんか?

 

 

Oラインのムダ毛処理、最適なのはどんな方法?

 

Oラインのムダ毛処理を行う上で最も適している方法は、電動シェーバーの利用です。

 

Oラインは他のどの部分よりも、凹凸やシワが多い部分です。

 

また、鏡を使っても自分では見づらい部分でもあるので、カミソリや毛抜きよりも電動シェーバーが最適です。

 

 

Oラインのムダ毛処理で大切なのは保湿!

 

鏡と電動シェーバーを使ってOラインのムダ毛処理が完了したら、忘れてはいけないのが保湿です!

 

お尻は常に密着している部分なので、蒸れたり擦れたりする事で痒みや痛みを伴う可能性があります。

 

また、お尻の皮膚はデリケートな為、処理後はしっかりと保湿でサポートしないと炎症を起こしてしまいます。

 

デリケートゾーンにも使える保湿剤やワセリンなどを塗って、しっかり保湿して下さい。

 

もし、処理後に肌がヒリヒリするという場合は、保冷剤や濡れたタオルなどで冷却してから保湿する事をオススメします。

 

 

ジョモリー(Jomoly)はOラインのムダ毛処理にも最適!

 

Oラインはお尻の丸みに合わせて処理をしないといけないので、電動シェーバーでも難しい場合があります。

 

その際にオススメなのが、除毛・脱毛クリームの利用です!

 

しかし、ほとんどの除毛・脱毛クリームには毛を溶かす強い薬が入っていて、皮膚がデリケートなOラインには使用できない事が多いです。

 

そこで今大注目されているのが、洗うだけの除毛石鹸で有名な「ジョモリー(Jomoly)」です。

 

お風呂でOラインを洗う時にジョモリー(Jomoly)を使うだけでOK!

 

即効性が期待できるものではありませんが除毛効果は抜群なので、使い続ける事で少しずつ脱毛に繋がります。

 

また、ジョモリー(Jomoly)には美容・保湿・引き締め・消臭成分が配合されています。

 

洗い続ける事で除毛もでき、潤いのある赤ちゃんのようなプリプリのお尻になれたら嬉しいですよね!

 

消臭効果も期待できるので、蒸れやすい夏も安心です。

 

 

Oラインのムダ毛処理には電動シェーバーが最適ですが、ジョモリー(Jomoly)もオススメです!

 

見えにくい部分だからこそ、しっかり処理をしたいOライン。

 

自信を持ってお洒落を楽しめそうですよね。


ムダ毛処理でお悩みの方へ