ムダ毛 遺伝

ムダ毛の多さは遺伝する?

私、なんだかあの子よりもムダ毛が多い・・・そんな風に思ったことはありませんか?

 

手の甲や指にまでムダ毛がある人もいれば、ムダ毛のことなんか気にしなくてもよさそうな人もいますよね。

 

ムダ毛=体毛は、人によって濃さが違うのが現実。では、この体毛の濃さは遺伝なのでしょうか。

 

近年の研究では、体毛の濃さは遺伝によるものが大きいという事実が明らかになっているようです。

 

では、体毛の濃さの遺伝についてお話しましょう。

 

体毛の遺伝

 

ムダ毛の多さや濃さに悩んでいる人は、家族の中に体毛が濃い人がいませんか?

 

体毛の量が多いだけでなく、毛が太かったり、手の指などに生えていたり。

 

お父さんやお母さんがそうでなくても、おじいちゃんやおばあちゃんはどうでしょう。

 

1代おいて現れる遺伝のことを隔世遺伝といい、体毛の濃さの遺伝には、この隔世遺伝ということもありえます。

 

体毛の濃さには遺伝が関係しているとは分かっているものの、実際にどうして遺伝するのかなどの詳しいことはまだ解明されていません。

 

遺伝によるムダ毛の多さは、諦めるしかないのでしょうか。

 

体毛について

 

私たち人間は、生まれたての赤ちゃんの頃は体にびっしり産毛が生えていることも珍しくありません。

 

その産毛は成長するにつれて薄くなっていき、小学校にあがる時期には体毛の量も安定してきます。

 

子供が生まれた時に毛深いのは、まだ遺伝や体質だと判断することはできません。

 

ですが、成長しても腕や脚に毛が多かったり、固くて太い毛が生えていたりするならば、それは毛深い体質なのかもしれません。

 

子供の頃は、男の子でも意外と毛のことを気にします。特に女の子の場合は、ムダ毛について考えてあげる必要がありそうです。

 

ムダ毛をコントロール

 

毛深い体質に生まれてきてしまったら、もう改善はできないのでしょうか。

 

まだ遺伝の詳しい仕組みが解明されていない現在では、根本的に治療することはできません。

 

ですが、生えてしまった毛をケアすることはできます。

 

毛の濃さには、ホルモンバランスが関係しています。ホルモンのバランスが崩れると体毛が濃くなったりするので、規則正しい生活を心がけることが大事です。

 

特に思春期はホルモンのバランスが乱れやすい時期です。

 

ムダ毛も濃くなりやすい時期なので、お子さんがいる方はしっかりサポートしてあげましょう。

 

無理なダイエットや睡眠不足を避け、きちんとした食事と睡眠でホルモンバランスを整えるようアドバイスするのもいいかもしれませんね。

 

それでもやっぱりムダ毛が気になる場合は、ムダ毛のケアについて考える必要があります。

 

子供の頃は、どうムダ毛のケアをしていいか分からないもの。ケアの仕方を一緒に考えてみるといいかもしれません。

 

まとめ

 

遺伝してしまった体毛の濃さは、ムダ毛のケアで解決していくしかないようです。

 

ですが今は、ムダ毛のケア方法もたくさんあります。

 

自分に合ったムダ毛のケアで、少しでも悩みを少なくしたいですね。

ムダ毛処理でお悩みの方へ