脱毛 高校生

高校生や中学生にお勧めの脱毛方法が知りたい!

中学生や高校生に、脱毛って必要なのでしょうか?

 

もしも、お子様がお母さんに、「脱毛したい」って言ったらどうしますか?

 

もしかしたら、高校生や中学生の方達の「脱毛」願望は、大人になってからの「脱毛」願望よりも、もっとずっと深刻かもしれません。

 

少し親目線になって、高校生や中学生の脱毛について考えてみたいと思います。

 

子供のムダ毛とコンプレックス

 

高校生や中学生・・年頃の女の子にとって、「ムダ毛が多い」のは、とてもコンプレックスだと思います。

 

高校生や中学生の年頃にムダ毛が多いのは、例えば遺伝的なものだったり、成長期でホルモンバランスが偏っていたりと、様々な原因が考えられます。

 

けれど、そんな事情に関わりなく、授業で体育や水泳があれば、好む、好まないにかかわらず体操着姿や水着姿をさらすことになります。

 

そんなとき、人より毛深い体質の子は、きっと周りと自分を比べて恥ずかしい思いをしてしまうかもしれませんし、こういった年頃の子は、お友達の“●○ちゃんって毛深いね”という何気ない一言で深く傷つきます。

 

確かに、子供に脱毛サロンに行かせるのは抵抗があるかもしれません。

 

けど、あなたのお子さんが、ムダ毛で悩んでいるのなら、一緒に悩んで、いい解決方法を見つけてあげて下さい。

 

子供のムダ毛処理方法比較

 

今は、脱毛サロンも、学割が効くようになりました。

 

それだけではなく、脇の下や顔といった部分的な脱毛でしたら、全身脱毛よりもずっと安価で出来ます。

 

それでも、高校生や中学生を脱毛サロンに通わせるのに抵抗があるのならば、他の方法のメリットとデメリットをご紹介します。

 

・ピンセット・毛抜き

 

メリット
  • 値段が安く、いつでも手軽に出来る
  • カミソリよりも、毛のない期間が長い

 

デメリット
  • 肌が痛み、抜くことによって毛穴が開き、たるむ
  • 埋没毛や黒ずみのリスクがある

 

安く、気軽に出来るのは最大のメリットですが、デメリットも大きいです。

 

特に埋没毛や黒ずみ、肌のたるみは、成長した後も治りません。

 

・カミソリ

 

メリット
  • 値段が安く、いつでも気軽に出来る

 

デメリット
  • 刃によって肌が痛み、乾燥しやすくなる
  • 刃物による怪我の危険がある
  • 黒ずみのリスクがある

 

高校生や中学生にとって、この方法は一番一般的だと思います。

 

いつでも出来る上、安くて手頃なのが魅力です。

 

とはいえ、カミソリは刃物です。

 

手元が狂えば怪我をします。

 

しかもカミソリの怪我が考えている以上に痛い上、後々まで残ります。

 

脇の下のカミソリの怪我など、考えただけで痛いですね。

 

安全でスムーズにムダ毛を剃る為には、お風呂で暖まった後に、歯の多い男性用のカミソリとシェービングクリームを使って優しく剃ると良いそうです。

 

あと、剃り終わった後は、剃った箇所の保湿も大切です。

 

ニベアや、安いクリームで十分ですので、ちゃんと保湿をしましょう。

 

・除毛クリーム

 

メリット

安い

 

デメリット
  • 刺激が強く、敏感肌には向かない。
  • 剛毛な毛質の場合は除毛のこりがある

 

毛を溶かす働きのある除毛クリームですが、剛毛な方は、特に時間がかかります。

 

そして、弱い肌の方は、終わった後ヒリヒリします。

 

肌が弱いお子さんは、使う前に必ずパッチテストをして、大丈夫だったらお使い下さい。

 

ただし、この除毛クリームは、使えば肌がツルツルになりますが、また生えてきます。

 

何度も処理しなくてはいけないこと、肌への負担を考えると、カミソリと良い勝負です。

 

・脱毛サロン

 

メリット
  • 学割やキャンペーンを使えば、相場よりも安くキレイにしてもらえる
  • 肌荒れや自己処理の心配をしなくても良い

 

デメリット
  • 続けて通う必要がるので、負担になる
  • 親の同意書が必要になる。
  • 店によっては勧誘が多い

 

通う手間もあるし、金銭的な問題もありますが、お子様の今後を長い目で見たときは、この方法が一番キレイで、今後のストレスが少ない方法です。

 

成人して、仕事に就いてしまうと、忙しくなり、脱毛サロンに通いにくくなってしまいます。

 

それを考えると、高校生や中学生のうちに脱毛した方が良いのかもしれません。

 

最近は、学割制度を採用している脱毛サロンもありますので、学生のうちに安く脱毛をしてしまうならチャンスです。

 

・脱毛器(ケノンなど)

 

メリット

  • 自宅で時間のあるときにエステ並の施術が可能

 

デメリット
  • 本体・消耗品共に値段が高い。
  • 冷却や保湿は自分でしないといけない

 

脱毛器はそれなりの値段はします。

 

けれど、一台あれば、お子様もお母様もご一緒に使うことが出来ます。

 

サロンに通う煩わしさもなく、脱毛が必要な部分を必要なだけ脱毛できます。

 

ただし、サロンで行われている冷却や保湿は、セルフで行って下さい。

 

まとめ

 

このように、どんな脱毛方法にもメリットとデメリットがあります。

 

そして、金銭的に安く済ませることもできますが、その場合は後々のリスクも考えなくてはいけません。

 

高校生や中学生は、とても多感な時期です。

 

ムダ毛のコンプレックスもありますし、それがきっかけで虐めにあう事もあります。

 

どうか、脱毛したい、というお子様の気持ちと、ちゃんと向かい合って、納得できる方法を選んであげて下さい。

 

また、ご自宅で脱毛を考えている方に、「つるすべ石鹸Jomoly」はいかがでしょうか?

 

この石鹸は、抑毛効果のとても高い石鹸です。

 

それだけではありません! 美容効果・消臭効果・お肌の引き締め効果も兼ね備えた、脱毛を考えている女性にとってはとても嬉しい、お肌に優しい石鹸です。

 

この「Jomoly」には、むだ毛を生えにくくする厳選天然成分がたっぷり配合されています。

 

角質細胞のタンパク質を分解して、毛穴に詰まった古い角質を除去する働きのあるパパイン、毛の成分を分解する働きのあるブロメライン、そして、発毛や皮脂腺の活動を抑え、健康的な肌を保つイソブラボンが配合されています。

 

これによって、むだ毛を抑えて生えにくくなります。

 

アレルギーの少ない天然素材ですので、中学生や高校生の方にも安心してお使いいただけます。

 

使い方も、これで身体を洗うだけですので、カミソリ等で怪我をすることもなく、もちろんお肌を傷つけたり痛い思いをすることもなく、抑毛することが出来ます。

 

自宅で脱毛をするときの参考になれば幸いです。

ムダ毛処理でお悩みの方へ