脱毛 陰部

陰部を脱毛したい!

足や腕、脇と同じように陰部も脱毛する人がここ数年で増えています。

 

脱毛サロンで施術をしてもらえますが、お金がかかる…女性とはいえ人にしてもらうのが嫌だな…などの理由で自己処理をしているという方も多いと思います。

 

しかし陰部は他の部位に比べて皮膚が弱く、ダメージを受けると肌トラブルが起こりやすくなっていますよね。

 

だけど、脱毛サロンには行きにくい…かといってムダ毛を放っておくわけにもいかない!

 

自分で陰部をケア・脱毛する場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

ここでは、陰部をセルフケアで脱毛する方法と注意点などをご紹介していきます!

 

陰部を脱毛したい!自分で行うにはどんな方法が?

 

陰部の脱毛やケアを自分で行う方法として一般的なのがカミソリや毛抜き、専用のシェーバーや除毛クリームなどがあります。

 

これらの方法は手軽でスピーディーにできますが、一方でデリケートな部分に何度もカミソリなどをあてていると肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

セルフでの陰部の脱毛や自己処理によって、どんなことが肌に起きるのでしょうか?

 

・埋没毛(まいぼつもう)

 

カミソリで剃ったあと、チクチク生えてきた毛を毛抜きで抜く…。

 

そんな自己処理を繰り返していると毛が皮膚のなかに埋もれてしまった!なんて経験はありませんか?

 

毛が作られる前に皮膚が再生してしまい、肌表面に毛が出てこれなくなってしまうのです。

 

陰部に限らず毛抜きを使っているとどの部位でも起こりやすい肌トラブルです。

 

・毛嚢炎(もうのうえん)

 

強引に太い毛を抜くと、毛穴につながっている毛細血管が傷つきます。

 

すると毛根のまわりが赤くなったり、腫れて炎症を起こします。

 

陰部の毛を無くしたい、脱毛したいと自己処理を繰り返しているとこれらの肌トラブルを引き起こしてしまうリスクがあるので注意が必要です!

 

自己処理による刺激でメラニン色素が分泌され肌に残ってしまう黒ずみなども同様に、様々な肌トラブルがあるのは意外と知られていません。

 

では自分で陰部を脱毛する場合、これらの肌トラブルを避けるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

陰部を脱毛したい!脱毛商品を使うという方法

 

陰部のムダ毛を自分でケアする上記以外の方法として、脱毛・抑毛を促してくれる商品を使うという方法があります。

 

探すと色々な商品がありますが、その中でも脱毛石鹸「ジョモリー」は肌トラブルのリスクが低くオススメです。

 

毛自体を弱らせるので肌へのダメージは極力少なく、なにより洗うだけでケアができるので簡単!

 

美肌成分の効果で毛穴の黒ずみも解消してくれます♪

 

ただし、本来「ジョモリー」はデリケートゾーン専用ではないので陰部に使うときは肌に異常がないかを確認してから使用してくださいね。

 

まとめ

 

自分で陰部のムダ毛を脱毛する方法はシェーバーや除毛クリームなどたくさんありますが、どれも肌トラブルのリスクがあり手間・時間もかかります。

 

先ほどオススメした「ジョモリー」はバスタイムで普段と同じように体を洗う感覚でケアが完了するので簡単・時短になりますよ♪

 

「ジョモリー」の詳細は、公式ホームページで見ることができます。

 

忙しいけど自分でケアしたい、という方は一度使ってみてはいかがでしょうか?

ムダ毛処理でお悩みの方へ