脱毛 自宅

自宅で脱毛する方法をご紹介!

これからの季節、露出が多くなりますね。そうなると、気になるのがムダ毛。

 

サロンに通って脱毛したいけれど、忙しくて時間がなかったり、金銭的に気になったりで、なかなか行きにくいのが現状です。

 

できれば、空いている時間に自宅で脱毛を済ませてしまいたいですね。

 

でも、自宅での脱毛って、どうやってするんでしょう?

 

  • 痛くないの?
  • 脱毛器の値段は?
  • 本当に脱毛できるの?

 

自宅で脱毛するにしても、不安や心配事は絶えませんね。

 

そこで、自宅で簡単に脱毛する方法や、脱毛器についてまとめてみました。

 

是非、自宅で脱毛する方の参考になれば嬉しいです。

 

自宅で脱毛するメリット

 

自宅で脱毛するメリットは、

 

  • 費用を抑えられる
  • 他の人に自分の身体を見られずに済む
  • 時間の空いているときに出来る

 

この三つだと思います。忙しく

 

サロンに通えない方、金銭的に不安な方、他の人に自分の身体を見られなくない方、そういった方におすすめです。

 

脱毛の手順

 

脱毛するには、まず

 

  • カミソリやシェーバーなどでムダ毛を「除毛」する。
  • 家庭用脱毛器を使って、毛根やメラニン色素に働きかけて「脱毛」する。

 

という手順になります。

 

除毛をするにせよ、脱毛にするにせよ、共通に言えることは、時間をかけて、丁寧に処置をすることがとても大事だという事です。

 

そこで、自宅で脱毛をするのに、なくてはならない重要なものが「脱毛器」です。

 

どんな脱毛器を選んだらよいのか、選ぶポイントを解説します。

 

脱毛器を選ぶコツ

 

自宅用の脱毛器を選ぶには、コツがあります。

 

1.脱毛方法で選ぶ

 

自宅用脱毛器には2種類あります。

 

「フラッシュ式」と「レーザー式」ですが、初心者の方には、「フラッシュ式」をおすすめします。

 

なぜなら、フラッシュ式の脱毛器は、レーザー式と比べて、痛みを感じにくいです。さらに、光の照射による脱毛なので、光を当てることによって、一度に広い範囲の脱毛が出来るからです。

 

一方、レーザー式は、威力は強いのですが、肌に痛みを感じやすい上、レーザーの照射範囲も、フラッシュ式よりも狭めです。

 

レーザー式は、ある程度自宅での脱毛や、脱毛器の扱いに慣れている方におすすめです。

 

2.脱毛器で脱毛できる範囲をチェックする。

 

自宅用脱毛器によっては、全身に使えるや、そうでないものがあります。

 

また、顔や、デリケートゾーンには使用禁止となっているものもあります。

 

お買い求めになる前に、自分の身体の脱毛する範囲と照らし合わせてみてください。

 

3.コストパフォーマンス

 

いくら脱毛器本体が安かったとしても、本体以外の消耗品の値段が高かったら、使い続けることは出来ません。

 

脱毛は、「続けること」がとても大切です。

 

使い続けるためにも、本体価格の他にも、追加オプションや消耗品などの値段もちゃんとチェックして、使
い続ける事の出来るものを選んで下さい。

 

まとめ

 

自宅での脱毛には、費用を抑え、自分の都合のつく時間に出来る、そして、自分の身体を他人に見せる必要がない、というメリットがあります。

 

自宅での脱毛で重要なのは、脱毛器で、その脱毛器を選ぶポイントは3つあります。

 

  1. 脱毛方法で選ぶ
  2. 脱毛器で脱毛できる範囲をチェックする。
  3. コストパフォーマンス

 

また、ご自宅で脱毛を考えている方に朗報です。

 

つるすべ石鹸「jomoly」をご存じでしょうか?

 

この石鹸は、抑毛効果と美肌効果を兼ね備えた石鹸です。

 

むだ毛を少なく、生えにくくする、厳選された天然成分がたっぷりと配合されています。

 

まず、パパイン。これには、角質細胞のタンパク質を分解して、毛穴に詰まった古い角質を除去する働きがあります。

 

ブロメライン。これには、毛の成分を分解する働きがあります。
そして、イソブラボン。これには、発毛や皮脂腺の活動を抑え、健康的な肌を保つ効果があります。

 

この三つの効果によって、むだ毛が生えにくい身体になってゆきます。

 

毛抜きやカミソリを使うと、お手軽ではありますが、どうしてもお肌の黒ずみやカミソリ負けといった、お肌のトラブルがつきものです。

 

けど、このお肌に優しい「jomoly」なら、お肌を痛めることなく、むだ毛対策ができます。

 

そして、この石鹸なら、手の届かない背中やデリケートゾーン、うなじ、口周りまで、お手軽にしっかりとしたケアが出来ます。

 

自宅で脱毛をするときの選択肢の一つにいかがでしょうか?

ムダ毛処理でお悩みの方へ