脱毛 お風呂

どうして脱毛後はお風呂には入れないの?

脱毛サロンやクリニックで処置を受けるときの注意事項に、必ずといって良いほど書いてある言葉が、

 

「脱毛後の入浴はできるだけ避けて下さい」

 

という一言です。

 

つまり、脱毛後はお風呂に入っちゃいけないのです。

 

一日の終わりに、お風呂に入ってゆっくり湯船に浸かりたいですよね。

 

どうしてお風呂に入ってはいけないのでしょうか?

 

それは、脱毛後のお肌の状態と深く関係があるのです。

 

脱毛後のお肌は・・・

 

結論を言うと、「脱毛した日は、湯船に浸かってはいけません」。

 

なぜかというと、脱毛は、肌にとても負担をかけるものだからです。

 

肌にレーザーやフラッシュを当てて脱毛するわけですから、肌にとっての負担も大きく、強いダメージを与えます。

 

フラッシュ、といってもお肌にその光が当たるのは一瞬です。

 

けれど、その一瞬で毛根を破壊して脱毛してしまうほどの威力のある光なのです。

 

最近では、肌に優しい脱毛も増えてきていますが、それでもダメージ皆無、というわけにはいきません。

 

脱毛後にお風呂には行って湯船に浸かるのは、絶対にやめて下さい。

 

脱毛後の肌はとてもデリケートです。

 

お風呂に入ることで、肌に刺激を与えてしまうと、炎症やかゆみを引き起こしてしまいます。

 

また、湯船に入っている雑菌が、弱った肌に悪影響を及ぼすこともあります。

 

それだけではありません。

 

湯船に浸かると、体温が上がって、ダメージを受けた肌はピリピリしたり、痒くなってしまいます。

 

そこをかいたりこすったりすると、ダメージを受けた肌はさらに傷つけてしまいます。

 

脱毛サロンでの脱毛後、保冷剤で肌を冷やすのは、脱毛によってダメージを受けた肌を落ち着かせて、かゆみや赤みが出ないようにするためなのです。

 

シャワーだけならOK

 

それならば、湯船に浸からないシャワーは大丈夫なのでしょうか?

 

確かに、お風呂に浸かるのはだめなのですが、水やぬるめのシャワーなら大丈夫です。

 

ただし、身体を洗うとき、ゴシゴシとこすらないようにして下さい。

 

肌が痛んでしまいます。

 

ボディータオルや垢すり等は使わず、肌が痛まないように、手のひらで優しく洗って下さい。

 

脱毛後翌日以降であれば、いつも通り、お風呂に入っても問題はありません。

 

けれど、もしも翌日に赤みや肌荒れが引かない時は、数日間はシャワーで済ませましょう。

 

なお、赤みや肌荒れが数日続くようであれば、通っている脱毛サロンやクリニックで相談してみて下さい。

 

そして、入浴だけではなく、プール・海水浴・公衆浴場もだめです。プールや湯船に含まれる雑菌から肌を守るためです。

 

また、体温を上げるようなスポーツも控えておいた方が良いです。体温上昇によって、肌が痒くなったり赤くなったりしてしまうからです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

確かに、脱毛サロンでは、安全に気軽に脱毛できます。

 

しかし、肌はダメージを受けています。

 

そのことを忘れないように、脱毛後の肌をちゃんといたわってあげましょう。

 

脱毛後は、お風呂に入らず、ゆったりとのんびり過ごしたいですね。

ムダ毛処理でお悩みの方へ