ジョモリー副作用

ジョモリーで肌荒れ?副作用を確認!

ジョモリーの副作用情報

ジョモリーでせっかく肌を綺麗にしようと思っていたのに、副作用で肌荒れをしてしまっては、意味がありませんよね。

 

今回は、ジョモリーの成分を個別で見ていき「副作用」の有無を調べました。

 

ジョモリーは副作用がある?

 

<パパイン>

 

ジョモリーでは「毛穴に詰まった角栓」を取り除く役割になり、美容効果もあると注目を集めている成分です。

 

パパインそのものは、使い続けると副作用の一例として皮膚が薄くなる可能性があると言われていますので、肌荒れを引き起こす可能性は少なからずあります。

 

<ブロメライン>

 

ジョモリーの副作用情報

 

ジョモリーでは、角質を柔らかくし、毛の主成分であるたんぱく質分解する働きとして使用され、ムダ毛処理の成分として話題の成分です。

 

しかし一方で、肌もたんぱく質で生成されているため、副作用や肌荒れを未然に防ぐために、皮膚の弱い方はパッチテストなどを行った上での使用がオススメされています。

 

<イソフラボン>

 

新しいムダ毛の発生を抑制し、皮脂腺の活動を鈍らせてくれるので、健康的な肌を手に入れるには大切な成分です。

 

サプリメントなどでの過剰摂取以外での副作用の問題はなく、肌荒れを防ぐために化粧品などによく含まれている成分です。

 

<ラレアディバリカタエキス>

 

あまり聞きなれない成分ですが、実は化粧品にも多く使われています。

 

毛自体の再生能力を抑制するので、ムダ毛の発生率を下げてくれる成分なんです。

 

ネット上では情報量が少ないので、副作用を詳しく調べることができなかったので、心配な方は「パッチテスト」を行いましょう。

 

<美容・保湿効果>

 

ジョモリーの副作用情報

 

ジョモリーには「ヒアルロン酸」や「プラセンタ」など美容に欠かせない成分が入っています。

 

そして「天然グリセリン」も配合されています。

 

肌に合う合わないの個人差はありますが、基本的に副作用の心配のない美容成分です。

 

<消臭成分配合>

 

身体に消臭スプレーなどを使用すると汗腺が詰まり、体臭を悪化させる場合があります。

 

ジョモリーに含まれる消臭成分は「カキタンニン」「ミョウバン」「ベントナイト」です。

 

摂取してしまうと副作用の危険性がありますが、石鹸として使用している場合は、アレルギー等がない場合は安全な成分です。

 

<お肌引き締め効果>

 

ジョモリーに含まれる引き締め成分は「天然由来」なのでアレルギーや炎症がない人には安全な成分が使用されています。

 

使用上の注意とは?

 

ジョモリーの副作用情報

 

ジョモリーを使用する場合「アトピー」「かなりの敏感肌」の方はパッチテストを行いましょう。

 

また、過去にジョモリーに含まれているものと同様の成分で、アレルギー反応が出た方も注意が必要です。

 

ジョモリーは1ヶ月以上に時間をかけ、一つづつ丁寧に作られています。

 

ただし、副作用や肌荒れの原因は個人差がありますし、環境の変化で肌荒れを起こす場合もありますので、心配な場合は様子を見ましょう。

 

 

ジョモリーで手軽にムダ毛ケアを始めてみたい方は是非公式サイトでお得な定期コースを確認してみましょう。

 

>>ジョモリー(Jomoly)の詳細はコチラ


ムダ毛処理でお悩みの方へ