ジョモリー アトピー

ジョモリーはアトピーや敏感肌でもの人でも使えるの?

ジョモリー アトピー

 

簡単にムダ毛処理が出来ると雑誌やSNSなどで話題になっている『ジョモリー』

 

ジョモリーは敏感肌やアトピー肌の方も使える商品なのでしょうか?

 

せっかく肌をきれいに見せるために使用するものなのに逆に肌トラブルを招くということはしたくないですよね。

 

除毛剤や抑毛剤は刺激の強いものも多く含まれていると聞きますがジョモリーはどうなのでしょうか?

 

洗うだけで毛が薄くなっていくなんてかなり強い成分も入っていそうな気も…

 

ジョモリーは敏感肌・アトピー肌の方でも安心して使用できるのか調べてみした!!

 

ジョモリーに含まれる成分は?副作用などの心配は?使う上での注意点は?

 

敏感肌・アトピー肌で悩んでいる方必見です!!

 

ジョモリーに含まれる成分とは?副作用は?

 

ジョモリーの成分として主にあげられる成分は「パパイン」「ブロメライン」「イソフラボン」「ラレアディバリカタエキス」です。

 

この4つの成分が除毛・抑毛に特に効果がある成分だと言われています。

 

それぞれの成分の特徴は

 

「パパイン」

…熱帯アメリカ原産の青パパイヤと呼ばれる果物の未熟果実や葉から抽出された消化酵素です。

 

パパインには優れたタンパク質分解作用から脱毛効果と肌の毛穴に詰まった汚れを落とす効果が期待できます。

 

「ブロメライン」

…生のパイナップルの果実に含まれるたんぱく質分解酵素の一種です。

 

ムダ毛の成分を分解したり、毛の成長を抑制する働きがあります。

 

「イソフラボン」

…大豆の胚軸部分に多く含まれていて女性ホルモンのエストロゲンと似た化学構造の働きをします。

 

発毛や皮脂腺の活動を抑制するほか美肌を作り老化防止の効果も期待できます。

 

「ラレアディバリカタエキス」

…キャピスローという樫の木の一種から抽出された成分です。

 

ムダ毛の発育や成長を遅らせる効果があると言われていて、保湿効果も併せ持っている成分です。

 

更にヒアルロン酸やプラセンタなどの美容成分も多く配合されています。

 

また石鹸としての洗浄成分として配合されている成分は「カリ含有石ケン素地」です。

 

こちらもほぼ天然の海面活性剤となっています。

 

ジョモリーに含まれる成分はほとんどが植物由来の成分ばかりなので肌の弱い方でも使える商品となっているようです。

 

使用する上での注意点は?

 

公式サイトにもよくある質問として「敏感肌でも使用できますか?」というものがありました。

 

公式サイトでの答えは

 

「他のボディ用洗浄剤と比較して刺激の強い商品ではございません。

 

ご心配な方は1度使用してみて刺激がないか確認してから続けてご使用いただくことをお勧めします。

 

万が一赤みやかぶれが生じた場合はご使用をお控えください」

 

とありました。

 

敏感肌やアトピー肌の方はすぐに全身使用するのではなく、パッチテストをしてから行った方が良さそうです。

 

ジョモリーはほとんどが植物由来の成分ですが、豆乳発酵液やエタノールといったアレルギーを起こしやすい成分も配合されているため、アレルギーをお持ちの方に関しては1度確認してから使用するようにしましょう。

 

また体調が悪い時や傷がある部分などに使用した場合普段使用していて大丈夫でも赤みが出たという例もあります。

 

カラダの状態なども考慮して使用し、少しでも違和感を感じた場合はすぐに洗い流すようにしましょう。

 

実際口コミなどでも「敏感肌でも大丈夫だった」「いつもは赤くなるのにジョモリーは大丈夫だった」など肌が弱い方からも喜びの声がありました。

 

調べた結果、ジョモリーは敏感肌やアトピー肌の方も使って大丈夫な商品のようです。

 

しかし使うのは目立たないところなどでパッチストを行ってからにするようにしましょう。

 

また特に肌荒れしやすい時期などがあればその時期は避けるようにしましょう。

 

ジョモリーの詳しい内容や成分については公式サイトをご覧ください。

 

敏感肌やアトピーの方のムダ毛処理のお悩みのお助け商品になるかもしれません。

 

>>ジョモリー(Jomoly)の詳細はコチラ


ムダ毛処理でお悩みの方へ